ンベスターズトラスト(investors trust、ITA)を徹底解剖! 会社概要から主力商品まで網羅
当サイト(インベスターズトラスト解剖録、ITA解剖録)をご覧頂きましてありがとうございます。

このサイトでは海外積立として話題のインベスターズトラスト(investors trust、ITA)について、あらゆる角度からレビューしていきます。

違法ではないの?
口コミや評判は?
契約や解約はスムーズにできるの?

このような疑問に答えるため当サイトを立ち上げました。

まず初めに私の簡単な自己紹介をさせて頂きます。

私は新卒で国内の生命保険会社に入社し、現在は独立してFP(ファイナンシャル・プランナー)として活動する坂口一憲(さかぐちかずのり)と申します。

2019年からインベスターズトラストに投資をし今年で3年目を迎えました。

生命保険会社を退職した後、「老後2,000万円問題」を受けてインベスターズトラストで運用をスタート。

日本の金融商品では老後2,000万円問題を解決できないと感じ、より高い利回りが期待できるインベスターズトラストに魅力を感じたことが投資を始めるきっかけでした。

なお私の詳しいプロフィールは別ページに書いていますので、よろしければご覧ください。

>>管理人の自己紹介

インベスターズトラストの公式サイトには詳細は書かれおらず、加えてネット上では様々な意見が飛び交っており、真相まで知ることが難しいのが現状です。

そこで当サイトでは、実際にインベスターズトラストに投資をしている筆者が、あまり主観を入れず中立的な立場で様々な視点から徹底解剖していきたいと思います。

なおインベスターズトラストに関することはもちろん、そのほか投資全般に関することでも私と直接メールでやり取りすることも可能です。

インベスターズトラストの投資家の1人として、中立的な意見も言えるかと思いますので気軽にご連絡ください。

>>管理人に対するお問合せはこちら

まずはインベスターズトラストの会社概要から見ていきましょう。

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の会社概要

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の会社概要
インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の会社概要について、簡単な一覧表でまとめましたので以下をご覧ください。

会社名 Investors Trust
Assurance SPC
設立年度 2002年
本社所在地 ケイマン諸島
拠点 マレーシア
マイアミ
ウルグアイ
ドバイ
プエルトリコ
格付け A.M.Best社よりA-
資産管理方法 分別管理
預り資産 約1,900億円
(日本人約13%)
顧客数 6万人以上
(日本人約2万人)
代表商品 S&P500インデックス
エボリューション

インベスターズトラストはカリブ海に浮かぶケイマン諸島に籍を置く保険会社です。

ケイマン諸島といえば「パナマ文書」でタックスヘイブンとして有名になった島ですよね。

タックスヘイブンとは、課税が完全に免除されているまたは、著しく軽減されている国や地域のことです。

パナマ文書によりネガティブなイメージがついてしまったタックスヘイブンですが、会社の籍を置くことに関しては違法ではありません。

むしろ税金を抑えて会社の利益を守るという観点から合理的な判断だと思います。

インベスターズトラストは設立が2002年と金融機関の中では歴史が浅いですが、近年急速に事業を拡大し世界100カ国以上に展開しています。

拠点もケイマン諸島の他にマレーシア、アメリカ合衆国マイアミ、ウルグアイ、ドバイ、プエルトリコに置いています。

このうちマレーシアではラブアン金融機関(LFSA)、ドバイではドバイ金融庁(DFSA)のそれぞれ認可を得てオフィスを設立。

さらにプエルトリコは同国から認可を受けた保険会社を設立しています。

このような積極的なグローバル展開と各国の金融庁等から認可を踏まえ、保険会社の格付けを行うA.M.Best社がA-(優れている)と評価をしています。

A-の評価は日本の保険会社である明治安田生命と同じで、インベスターズトラストがこのような歴史ある保険会社と肩を並べるほど信用度はあると捉えてもいいでしょう。

その証拠に預かり資産は全世界で1,900億円以上、顧客数も6万人以上で、これらの数字が安全性が物語っているといえるのではないでしょうか。

加えて世界4大会計事務所の一角を占めるKPMGより監査を受けてます。

KPMGは日本にも拠点があり、世界147ヵ国に219,000人のスタッフを抱える会計事務所です。

このような盤石な体制を整えている裏では、顧客の資産管理も万全で分別管理を実施。

分別管理とは投資家から預かった資産と、金融機関が保有する自社の資産を分けて管理することです。

つまり仮にインベスターズトラストが破綻したとしても、投資家の資産は時価で返還されます。

ただしインベスターズトラストは日本国外にあるため、仮に破綻した場合はその時の外貨建ての時価で返還される点を理解しておきましょう。

それでは私たち日本人が、インベスターズトラストのようにタックスヘイブンに籍を置く金融機関に投資することに違法性はあるのでしょうか? 以下で詳しく見ていきます。

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)は違法性のある金融商品ではないのか?

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)は違法性のある金融商品ではないのか?

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)は日本の金融庁に認可されていない金融機関です。

実はこのように日本の金融庁に認可されていない金融機関に、私たち日本人が投資することは違法ではありません。

自らの意思で海外の金融機関に投資することは合法です。私たち日本人は、どのような投資をしようとも法的な規制はありませんからね。

ただしインベスターズトラストは日本の金融庁から認可を受けていないため、日本国内で営業活動や広告を出すことは禁じられています。

あくまでインベスターズトラスト側が勧誘ができない、というわけですね。

そのためインベスターズトラストが日本に代理店を設置して営業活動を行うことができません。そのためインベスターズトラストとパイプがあるIFAやFPを通じて契約する形となります。

もちろんIFAやFPについても営業活動はできません。仮に営業活動をしてくるのであれば、このような人達は違法行為を行っていることになります。

なおインベスターズトラストの違法性についてまとめた記事も別ページで書いています。筆者が金融庁に直接アポをとり、確認してみた内容も書いていますので興味があればご覧ください。

>>インベスターズトラストは違法? 金融庁に電話で直撃してみた

全部で7種類の商品がラインナップ

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)は全部で7種類の商品がラインナップされている
インベスターズトラスト(investors trust、ITA)は全部で7種類の商品がラインナップされています。

その中でも日本人に特に人気がある商品が「S&P500インデックス」と「エボリューション(evolution)」の2つです。

筆者もこの2つに投資しています。どちらも毎月1~2万円前後から積み立てができ、元本確保や定期的に豪華なボーナスを受け取ることもできます。

商品の中身は日本の証券会社で扱う投資信託とほぼ同じですが、違いは無駄な手数料が発生しない点。

たとえばアメリカの代表的な株価指数であるS&P500に連動した投資信託を購入したとします。

仮にアメリカで直接購入した場合を年11%の利回りとし、全く同じ投資信託を日本の金融機関を通してしまうと約5%まで利回りが下がってしまうといわれます。

この理由は日本の金融機関を通すことで別途手数料が徴収されるため。具体的には為替手数料などが挙げられます。

せっかくリスクを取って運用しているのに、その恩恵を受けられないことはもったいないですよね。

それでは以下でインベスターズトラストの中でも、日本人に人気があるS&P500インデックスとエボリューション(evolution)について解説していきます。

S&P500インデックス

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のS&P500インデックス
インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のS&P500インデックスの商品概要について、以下一覧表でまとめてみました。

運用通貨 米ドル
契約期間 10年、15年、20年
契約可能年齢 10年:18~60歳
15年:18~55歳
20年:18~50歳
拠出額 年間2,400米ドルより
拠出形式 月払、四半期払、
半年払、年払
支払方法 クレジットカード
口座振替
小切手
電信送金
利回り 5年年率:13.82%
10年年率:11.84%
元本確保 10年:100%
15年:140%
20年:160%
ロイヤリティボーナス 10年経過:拠出金額の7.5%
15年経過:拠出金額の7.5%
20年経過;拠出金額の5.0%
年間管理手数料 10年:拠出金額の2.0%
15年:拠出金額の1.7%
20年;拠出金額の1.1%
プラン手数料 全プラン毎月10ドル
ストラクチャー手数料 時価総額に対して毎月0.125%

引用:インベスターズトラスト公式サイト

インベスターズトラストのS&P500インデックスの最大の特徴は、元本確保型の商品であることです。

元本確保は積立金額に対して10年プランで100%、15年プランで140%、20年プランで160%となっています。

たとえば20年プランで毎月200ドル(1米ドル=110円で22,000円)を積み立てた場合、20年間の積立金額が日本円で528万円となります。

この時、期限に遅れることなく積み立てを行い、途中で解約等がなければ元本確保160%が適用され844.8万円は運用結果によらず約束されます。

もちろん、この20年間で運用状況がいい場合は844.8万円以上に評価額は膨らみます。

加えて10年目終了時、15年目終了時、20年目終了時にそれぞれロイヤリティボーナスが付与されますので、状況次第ではありますが毎月22,000円の積み立てを20年間行うことで1,000万円くらいまで膨らませることができるでしょう。

ただし元本確保は元本保証ではない点に注意してください。

元本確保とは満期時に元本を確保できるように設計された商品で、途中解約などをした場合は運用によって元本割れを起こす可能性があります。

一方で元本保証とは、運用結果によらず預入れたお金が減ることのない商品で、銀行の普通預金などが代表例です。銀行の普通預金は、いつ引き出しても元本割れを起こすことはありませんよね。

この点についてはもちろん、インベスターズトラストのS&P500インデックスを深掘りした内容を別ページで詳しく解説していますので、詳細を確認したい方は以下をご覧ください。

>>インベスターズトラストのS&P500インデックスを徹底解説! 元本確保って本当?

続いてエボリューション(evolution)について見ていきます。

エボリューション(evolution)

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のエボリューション(evolution)
エボリューション(evolution)についても商品概要を一覧表でまとめていますので、以下をご覧ください。

運用通貨 米ドル
ユーロ
英ポンド
拠出金額 年間1200ドル~
追加拠出 一括:2,500ドル
定期:年600ドル
投資期間 5年・10年
15年・20年・25年
契約年齢 5年プラン:18~80歳
10年プラン:18~75歳
15年プラン:18~70歳
20年プラン:18~65歳
25年プラン:18~60歳
利回り 選択した
ファンドによる
ロイヤリティボーナス 10年:拠出額に対し7.5%
15年:拠出額に対し5%
20年:拠出額に対し5%
25年:拠出額に対し5%
追加配分 1200~1799ドル:100%
1800~3599ドル:101%
3600~5399ドル:102%
5400~7199ドル:103%
7200~13499ドル:104%
13500ドル以上:105%
年間管理手数料 1~10年目:1.9%
11年目以降:0.35%
プラン手数料 月7ドル
ストラクチャー手数料 ファンド残高に対し
月0.125%
ファンド変更手数料
(スイッチング)
無料
解約手数料 解約時の残存契約年数に基づく管理手数料相当額
一部解約 純現金価値1200ドルが
最低維持額

エボリューションはS&P500インデックスと異なり、元本確保型の商品ではありません。その代わりにロイヤリティボーナスに加えて追加配分というボーナスが付与されます。

追加配分とは年間の積立金額に応じて付与されるボーナスで、たとえば年間1,800ドルから3,599ドル(1米ドル=110円で198,000円から395,890円)の積立金額であれば、この金額に対して1%のボーナスが付与されます。

ただしエボリューションは最低積立金額が年間1,200ドル(1米ドル=110円で132,000円)からですが、1,799ドル以下の積立金額では追加配分が受け取れない点に注意しましょう。

他にもS&P500インデックスとの違いとして、投資対象が自分で選択できる点が挙げられます。

エボリューションはインベスターズトラスト(investors trust、ITA)が扱う100種類以上のファンドの中から、自分で運用するファンドを選択していきます。

ファンドによって運用成績やリスクは異なるため、S&P500インデックスと比較すると中級者向けの商品ともいえますね。

なおエボリューションのファンド選択の方法を含め、詳細は別ページに書いていますので、気になる方は以下のページをチェックしてみてください。

>>インベスターズトラストのevolutionの利回りや手数料を徹底解説

それでは以下でインベスターズトラストに関する口コミや評判を見ていきます。

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)口コミや評判は?

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)についてネット上で見てみると、情報の少なさがゆえ、あまりポジティブな内容は見受けられませんでした。

やはり公式サイトをはじめ、ネットの情報だけでは真相まで掴むことは難しいです。

ただしここで理解しておきたいことが、「情報が少ない=怪しい」でないことです。

むしろ本当にいい情報というのは、ネット上はもちろん多くの人に知れ渡ることなく、一部の人にしか入ってきません。

なおインベスターズトラストの口コミや評判についてまとめ、その内容を分析した記事を別ページで書いています。気になる方はぜひ見てみてください。

>>インベスターズトラスト(investors trust)の評判は? 元保険マンの私だからいえる真実

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の契約方法と解約方法

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の契約方法と解約方法
それではここからインベスターズトラスト(investors trust、ITA)の契約方法と解約方法について説明していきます。

まずは契約方法から見ていきましょう。

契約方法

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)に投資するためには、基本的にイントロデューサー(紹介者)を経由して契約をします。

直接インベスターズトラストと契約することもできるそうですが、英語でのやり取りとなるため日本語が通じた方が安心できますよね。

まずはインベスターズトラストの契約をする際の仕組みを図を用いて説明してみます。

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)は紹介者を通じて契約を行う

イントロデューサーの仕事は、契約時の手続きサポートはもちろん、運用開始後のサポート(リバランス等)も含まれます。

つまりイントロデューサーは、金融に長けていることはもちろん、運用開始後にも定期的にフォローしてくれる体制が整っている方を選んだ方がいいでしょう。

筆者もイントロデューサー選びには苦労しました。中には金融知識に乏しく、商品についてやリスクの説明をされずに強引に契約に結びつけようとする方もいらっしゃいました。

つまりインベスターズトラストに投資をするために大切なポイントは、どの商品に投資するのか以上に信頼できるイントロデューサーと出会うかが重要です。

この点、筆者は複数名のイントロデューサーと面談しておりますので、見極め方など詳細をお伝えすることも可能です。

以下の問い合わせフォームにメッセージを頂ければ、私とやり取り可能ですので気軽にご連絡ください。

>>筆者へのお問い合わせはこちら

なおインベスターズトラストのイントロデューサー選びのポイントをまとめた内容を以下のページで詳しく書いています。

イントロデューサーの見極め方のほか、契約までの流れも詳しく書いていますのでぜひチェックしてみてください。

関連記事

インベスターズトラスト(investors trust,、ITA)に加入する際は、必ず紹介者経由で契約することになります。 この紹介者は、インベスターズトラストの社員ではありませんが、契約時の手続きや契約後のフォローなどを担います[…]

解約方法

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の解約方法
契約がスムーズにできても、万が一のことを踏まえ解約方法もチェックしておきたいところです。

何があるかわからないのが人生。長期で契約したとしても、やむを得ず解約を検討しなければならないこともあるでしょう。

その点、インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の解約手続きは比較的スムーズにできますが、解約時にいくつか注意点があることを覚えておきましょう。

特に1年や2年など短期で解約してしまうと、解約手数料が重くのしかかり、解約返戻金がほとんど返ってこないということもあります。

加えて途中で運用金額の一部を解約してしまうと、ロイヤリティボーナスと追加配分が受け取れず、さらにS&P500インデックスは元本確保がされなくなります。

せっかく積み立てたお金ですので、損をしないようにしておきたいですよね。

なおインベスターズトラストの解約方法については、以下の記事でまとめています。契約前にチェックしておきましょう。

>>インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の解約手数料と解約方法を徹底解説

死亡時や満期受け取り時はどうなる? 税金についても解説

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の>死亡時や満期受け取り時はどうなる? 税金についても解説
インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の商品の多くは長期運用が前提です。

最低でも10年、長ければ25年と何があるかわからない人生だからこそ、ご自身が亡くなった時や満期時、税金についても理解しておいた方がいいでしょう。

まず死亡時においては、商品によって給付のされ方が異なります。

S&P500インデックスは「101タイプ」または「CR資本償還タイプ」の二つから死亡時の受け取り方法を選択します。

101タイプとは、死亡給付金としてアカウント評価額(資産の評価額)に対して101%が支払われます。仮に500万円のアカウント評価額であれば、505万円が支払われることになります。

一方でCR資本償還タイプとは、死亡時に解約とならず契約名義をご家族など誰かに引き継げる仕組みです。

インベスターズトラストの社員の方に伺ったところ、ほとんどの契約者の方がCR資本償還タイプを選択しているようです。なおエボリューションの場合は、101タイプのみとなります。

続いて満期時の受け取りと税金についてです。基本的に満期時になればお金を受け取れます。

ただしインベスターズトラストは外貨建てで運用されるため、満期時に外貨から日本円に戻す際に為替の影響を受けることになります。

それでも為替レートの状況により日本円に戻すタイミングではないと判断した場合は、一時的にインベスターズトラストにストックしておくこともできますよ。

そして税金についてですが、オフショア投資であるインベスターズトラストであっても、利益を得れば日本で納税義務が発生します。

なおその際、評価額全体に対してではなく、利益に対して課税されます。たとえば積立金額が500万円として、利益が100万円であれば利益の部分のみが課税対象となります。

そしてインベスターズトラストで得た利益については、雑所得として扱われ、給与所得などと合算して課税されます。

この時インベスターズトラストでは、源泉徴収をしてくれないため、ほとんどの方が自分で確定申告をして納税を行う必要があることを覚えておきましょう。

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のまとめ

2021年2月27日の日本経済新聞の記事によると、つみたてNISA(少額投資非課税制度)の利用者が2020年12月末時点の口座数は約302万になったそうです。

この1年間で口座数が1.6倍に増えて、特に若年層を中心に口座を開設する方が増えているとのこと。

筆者もつみたてNISAをしていますが、日本の金融機関を通して投資をしていることから年3~4%の利回りがいいところです。

確かに年3~4%であれば銀行預金よりましですが、同じS&P500などのアメリカの株価指数に連動した投資信託を購入するのであれば、インベスターズトラスト(investors trust、ITA)に投資した方がいいと思います。

インベスターズトラストは日本の金融機関を通さないため、余計な手数料が引かれず済むためです。

またこのような長期の資産形成は早く始めるほど旨味が出ます。

投資は時間をいかに味方につけるかということが大切なポイントです。

早い段階で積立投資を始めて大きく資産を増やせば、その後の資産運用の選択肢は大きく広がりますよね。

人生100年時代、お金はないよりあった方がいいでしょう。そのための施策としてインベスターズトラストを活用することは、合理的でリスクも少ないと筆者は判断しています。

なおインベスターズトラストに関するご質問や、契約方法など詳しく知りたい方は以下のフォームにお問合せください。

こちらにメッセージを頂くと内容が私に届き、メールにてやり取り可能です。ぜひ気軽にお問い合わせください。

>>管理人に対するお問合せはこちら