インベスターズトラストのevolutionの利回りや手数料を徹底解説

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のevolution(エボリューション)の利回りや手数料を徹底解説
インベスターズトラスト(investors trust)の商品の中でも、S&P500インデックスと並び人気商品となっているevolution(エボリューション)。

evolutionの基本的な仕組みは証券会社や銀行で購入できる積立型の投資信託と同じです。

しかしインベスターズトラストのevolutionには、証券会社や銀行で投資信託を購入するよりも多くのメリットが用意されています。

そこで本記事では、インベスターズトラストのevolutionのメリットを詳しく説明しながら、利回りや手数料についても徹底解説していきます。

evolution(エボリューション)の商品概要

evolution(エボリューション)の商品概要
まずはインベスターズトラスト(investors trust、ITA)のevolution(エボリューション)の全体像から見ていきましょう。

以下でevolutionの商品概要について一覧表でまとめてみました。

運用通貨 米ドル
ユーロ
英ポンド
拠出金額 年間1200ドル~
追加拠出 一括:2500ドル
定期:年600ドル
投資期間 5年・10年
15年・20年
25年
契約年齢 5年プラン:18~80歳
10年プラン:18~75歳
15年プラン:18~70歳
20年プラン:18~65歳
25年プラン:18~60歳
利回り 選択したファンドによる
ロイヤリティボーナス 10年:拠出額に対し7.5%
15年:拠出額に対し5%
20年:拠出額に対し5%
25年:拠出額に対し5%
追加配分 1200~1799ドル:100%
1800~3599ドル:101%
3600~5399ドル:102%
5400~7199ドル:103%
7200~13499ドル:104%
13500ドル以上:105%
年間管理手数料 1~10年目:1.9%
11年目以降:0.35%
プラン手数料 月7ドル
ストラクチャー手数料 ファンド残高に対し
月0.1255%
ファンド変更手数料
(スイッチング)
無料
解約手数料 解約時の残存契約年数に基づく管理手数料相当額
一部解約 純現金価値1200ドルが
最低維持額

evolution(エボリューション)の5つの特徴

evolution(エボリューション)の5つの特徴インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のevolution(エボリューション)の特徴を以下の5つに絞ってみました。

  1. 月12000円程度から積立て可
  2. 10年以上の積み立てでロイヤリティボーナスが受取れる
  3. 追加配分という仕組みがある
  4. 世界中のファンドに投資が可
  5. 15年で解約手数料が免除

以下でそれぞれについて詳しくみていきます。

①月12000円程度から積立て可

evolutionの最低拠出金額は年間1200ドルです。

仮に1米ドル=100円とすると年間12万円となり、月12000円程度から積み立て可能です。

比較対象として挙げられるS&P500インデックスは年間2400ドルが最低拠出金額ですので、少し投資の敷居が下がりますよね。

ただし投資期間5年のプランを選択した場合は、最低拠出金額が2400ドルとなる点に注意しましょう。

海外投資の中でも月12000円という低額から投資ができる案件は少なく、インベスターズトラストならではの特徴ともいえますね。

②10年以上の積み立てでロイヤリティボーナスが受取れる

こちらはS&P500インデックスと同じですが、10年以上積み立てを行うとロイヤリティボーナスが受け取れます。

しかしevolutionは、以下のようにS&P500インデックスとロイヤリティボーナスの付与のされ方が若干異なります。

ロイヤリティボーナスの付与

evolution S&P500
インデックス
10年経過時 拠出金の7.5% 拠出金の7.5%
15年経過時 拠出金の5% 拠出金の7.5%
20年経過時時 拠出金の5% 拠出金の5%
25年経過時 拠出金の5% なし

evolutionは積立期間が最大で25年あることから、25年経過時にもロイヤリティボーナスが受け取れます。

一方でS&P500インデックスは積立期間が最大20年までのプランしかないことから、25年経過時のロイヤリティボーナスがありません。

その分、15年経過時にevolutionのロイヤリティボーナスが拠出金の5%に対し、S&P500インデックスは7.5%受け取れます。

なおS&P500インデックスについて詳しく知りたい方は、以下のページで詳しく書いています。

興味がある方はご覧ください。

>>インベスターズトラストのS&P500インデックスを徹底解説! 元本確保って本当?

またロイヤリティボーナスは、積み立ての一時停止や積立金額の減額、一部解約をすると受け取れなくなる点に注意しましょう。

この点についてはS&P500インデックスと同様ですね。

③追加配分という仕組みがある

インベスターズトラストのevolutionにはロイヤリティボーナスに加えて追加配分という仕組みがあります。

追加配分とは年間の拠出金額に上乗せする形でボーナスのようなものを付与してくれる仕組みです。

追加配分は年間の拠出金額によって付与される金額が以下のように異なります。

年間の拠出金額 追加配分
1200~1799ドル 100%
1800~3599ドル 101%
3600~5399ドル 102%
5400~7199ドル 103%
7200~13499ドル 104%
13500ドル以上 105%

たとえば毎月500ドル積み立てを行っている人は、年間の拠出金額が6000ドルとなり、毎年3%の追加配分が付与されます。

これにより6000ドルの3%である180ドルが付与され6180ドルとなり、さらに運用益が加わります。

evolutionはS&P500インデックスのように元本確保がないですが、代わりに追加配分という別のボーナスのようなものがあるということですね。

④世界中のファンドに投資が可

evolutionはインベスターズトラストが用意する約200種類のファンドから選ぶことができます。

S&P500インデックスは投資対象を選ぶことはできませんので、この点は自由度の高い商品となっています。

しかし「200種類の中からファンドを選ぶことは難しい…」と思われる方もいらっしゃると思います。

実はそのような方のために、運用方針に合わせてインベスターズトラストが厳選したファンドを選ぶことも可能です。

具体的には「安定運用型」「バランス運用」「積極運用型」の3種類から選ぶだけです。

リスクの度合いでいえば「安定運用型」が最も低く「積極運用型」が最も高くなります。自分のリスク許容度に合わせて選ぶといいですね。

またスイッチングの際の手数料が発生しないこともevolutionの特徴の一つです。

スイッチングとは運用期間中にファンドを入れ替えることで、たとえば最初は「積極運用型」にしていたが、リスクが大きいため「安定運用型」に変更するなどです。

つみたてNISAやiDeCoなどで投資信託を運用してスイッチングを行うと手数料が発生しますが、evolutionは手数料は発生しません。

なおevolutionのファンド選びは、インベスターズトラストの契約の窓口となる紹介者(IFA)に任せることも可能です。

自分でファンドを選択することに自信がない方は紹介者(IFA)に頼るという選択肢もあるということを覚えておくといいでしょう。

なお紹介者の選び方については以下のページで詳しく書いています。

これからインベスターズトラストに投資をしようとされている方はぜひチェックしてみてください。

>>インベスターズトラストを検討中の方必見! 紹介者の見極め方を徹底解説

関連記事

インベスターズトラスト(investors trust,、ITA)に加入する際は、必ず紹介者経由で契約することになります。 以前はインベスターズトラストと直接契約ができましたが、現在は紹介者を通じて契約する方法がほとんどです。 […]

⑤15年で解約手数料が免除

投資信託を売却すると、どの期間においても解約手数料(厳密には信託財産留保額)が発生しますが、インベスターズトラストのevolutionでは15年以上投資期間が続くと免除されます。

ただしここでもロイヤリティボーナスと同様に、積み立ての一時停止や積立金額の減額、一部解約をすると免除されない点に注意しましょう。

それでも海外投資や投資信託で一般的となっている解約手数料が発生しないことは、evolutionの大きなメリットといえるでしょう。

それでは以下で、気になるevolutionの利回りについて見ていきます。

evolution(エボリューション)の利回りはどれくらい?

evolution(エボリューション)の利回りはどれくらい?
ここまでの説明でご理解して頂いた方も多いかと思いますが、evolution(エボリューション)は選ぶファンドによって利回りは異なります。

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)では約200種類近くのファンドがありますので、ここでは先ほど触れた「安定運用型」「バランス運用型」「積極運用型」の利回りを見てみましょう。

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のevolution(エボリューション)安定運用型

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のevolution(エボリューション)バランス運用型

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)のevolution(エボリューション)積極運用型

引用:公式HP

インベスターズトラストのevolutionは、基本的に長期で運用することが前提です。

そのため各運用方針の利回りを確認する際、なるべく長期の指標である「5年年率」の平均利回りを見てみるといいでしょう。

これらを見ていくと「安定運用型」で6.81%、「バランス運用型」で11.76%、「積極運用型」で13.52%と申し分ないくらいのパフォーマンスを出しています。

仮に毎月500ドル(1米ドル=100円で5万円)積み立てを行い、バランス運用型の利回りである11.76%が25年続いた場合、拠出金額は1500万円となりますが複利効果を受けて約9000万円まで資産が膨れ上がります。金融庁の資産運用シミュレーションで算出

もちろん毎年11.76%の利回りが続くわけではありませんが、長期で見れば充分すぎるくらいのパフォーマンスといえますよね。

さらにロイヤリティボーナスと追加配分が加わることを踏まえれば、evolutionの利回りは充分に高いといえるのではないでしょうか?

ただし自分でファンド選ぶと、一部パフォーマンスが悪いファンドもあるため、ファンド選びは慎重に行った方がいいでしょう。

なおevolutionも含め、その他の商品の利回りについては下記ページで詳しく書いています。

利回りについて深堀りしたい方はぜひチェックしてみてください。

>>インベスターズトラスト(investors trust)の利回りはどれくらい? 商品別に利回りを算出!

それではevolutionの手数料についても確認していきましょう。

手数料は相対的に見ても高くはない

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)の商品全般にいえることですが、実は手数料は一般的な投資信託と比較しても決して高くはありません。

まずはevolution(エボリューション)の手数料について振り返ってみます。

◆evolutionの手数料

  • 年間管理手数料:1.9%
    ⇒(11年目以降は0.35%)
  • プラン手数料:月7ドル
  • ストラクチャー手数料:月0.125%

ここではわかりやすくするために、毎月500ドル(1米ドル=100円で5万円)で25年間積み立てを行った場合でシミュレーションしてみます。

まず年間管理手数料は1~10年目までは1.9%、11~25年目は0.35%となるため全期間の年平均で0.97%となります。

なお年平均0.97%の算出はわかりやすくするために、全期間の手数料合計24.25%を25年で割って計算しています(厳密には0.97%とはなりません)。

そしてプラン手数料は毎月7ドルかかるため、1年で84ドルとなり25年でトータル2100ドル。

これを年率に直すと、拠出金総額が25年で15万ドルとなり、2100ドルがプラン手数料となるため0.014%となります。

ストラクチャー手数料は月0.125%のため1年で1.5%です。

まとめると、手数料の年率は以下のようになります。

  • 年間管理手数料:0.97%
  • プラン手数料:0.014%
  • ストラクチャー手数料:1.5%

⇒年間手数料合計:2.484%

ではこの年間2.484%の手数料が高いのかどうかを確認するために、証券会社や銀行で販売されている投資信託と比較してみます。ここでは投資信託の年間の運用手数料である信託報酬で見ていきます。

  • ひふみワールド+:1.08%
  • ハリス世界株ファンド
    (毎月分配):2.04%
  • ブラックロック
    世界株式絶対収益追求F:2.29%
  • アメリカン・ドリーム
    ・ファンド:2.59%
  • ノムラグローバルトレンド(円)
    (毎月分配):3.34%
  • あい・パワーファンド:4.17%

参考:モーニングスター

上記の投資信託は、約6000種類ある中の一部です。最近は投資信託の手数料の下げ合戦が起きていますが、それでもここで挙げたようなアクティブ型といわれる投資信託は手数料は高めです。

evolutionの手数料合計は2.484%で決して低い数字ではありませんが、これらのアクティブ型の投資信託と比較しても高すぎるとまではいえないでしょう。

さらにevolutionはロイヤリティボーナスや追加配分があり、合計2.484%の手数料が相殺できる仕組みとなっています。

ただし年間の拠出金額が低いと、ロイヤリティボーナスや追加配分が充分に受け取れず、手数料負けを起こす可能性がある点に注意しましょう。

特にプラン手数料は拠出金額に関わらず一律7ドルが毎月差し引かれるため、拠出金額が少ないほど手数料の負担率が上がります。

また拠出金額が低いと追加配分ももらえらないことから、なるべく101%の追加配分がもらえる年1800ドル(1米ドル=100円で18万円)以上で積み立てを行うといいでしょう。

まとめ

evolution(エボリューション)はS&P500インデックスと異なり、元本確保型ではありませんが、ファンドを自由に選べることや追加配分も受け取れる利点があります。

インベスターズトラスト(investors trust、ITA)に投資を考える方の多くが、最初にevolutionかS&P500インデックスか悩まれることがあると思います。

筆者の意見として、evolutionはファンドを自分で選ぶということと、元本確保ではないことを踏まえ中級者から上級者向けの商品といえるでしょう。

ただし先述したとおり、「安定運用型」「バランス運用型」「積極運用型」とファンド選びは比較的敷居が低くなっているため、初心者の方でも選びやすくはなっています。

なおevolution、S&P500インデックスのどちらに投資すればいいのか悩んでいる、などありましたら管理人まで気軽にメッセージを送ってください。

実際にevolutionとS&P500インデックスのどちらにも投資しているため、様々な観点からアドバイスできるかと思います。

>>管理人坂口へのお問合せはこちら